【発がん性】緊急!胃・十二指腸潰瘍薬「ラニチジン」に発がん性物質!?自主回収へ!!確認お願いします!

スポンサーリンク
注意喚起

驚きのニュースが入って来ました!

日本の医薬品に使われている薬の原液に発がん性物質が基準値を超えて入っていました!

その為に、各医薬品メーカーが自主回収をしています。

みなさんもお手持ちのお薬を確認して薬局にご相談ください!

 

スポンサーリンク

ニュースでは

スポンサーリンク

自主回収を始めたのは?

記事によりますと、自主回収をはじめたのは、

  • 沢井製薬(大阪市)
  • 鶴原製薬(池田市)
  • 東和薬品(門真市)
  • ニプロ(大阪市)
  • マイラン製薬(大阪市)
  • 武田テバファーマ(名古屋市)
  • 小林化工(福井県あわら市)

 

の7社です。

 

おそらく、この関係する薬を服用している方には、かかりつけの薬局から電話があるかもしれません。

 

また友人、知人、親戚などにも教えてあげてください。

 

この薬を飲んだからと言って、直ぐに癌化するわけではありませんが、気持ちの良いものでも無いです。

 

自主回収していると言うことだけでも知らせてあげてください!

 

何に効く薬なの?

ラニチジンは

 

  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 逆流性食道炎
  • 胃炎

 

などの治療に使われる治療薬です。

 

どうして分かったの?

今年の9月に

 

  • 欧州医薬品庁(EMA)
  • 米食品医薬品局(FDA)

 

などの海外当局が、中国の製造所で製造された「ラニチジン塩酸塩錠」の原薬から、許容限度値を超えたNDMAが検出されたと報告していました。

 

これを受けて、厚生労働省が製薬メーカーに検査を指示したところ、やはり中国で製造の薬の原液から基準値を超える発がん性物質が検出されたとのことです!!

 

各メーカー自主回収を始めたということですよ。

コメント