スポンサーリンク
スポンサーリンク

なろう小説をKindleで快適に読む方法!2021

Kindle
https://www.amazon.co.jp/dp/B07FQ4DJ7X
スポンサーリンク

ついにKindleを買ってしまいました!

プライムデーでかなりお安くなっていたので衝動買いです。

でも後悔していません!
むしろなんで今まで買わなかったのかを後悔しています(笑)

そして、そのkindleで「なろう小説」をどうにか読めないかと試行錯誤しましたら、なんとか快適に読める状態まで出来ましたので方法をご紹介します!

PCとインターネット環境が必要です。

Kindle Fireタブレットで「なろう小説」を読む場合は、Androidアプリに「なろうリーダ」という便利なアプリがありますのでそちらを使用しています。
Fireタブレットに「なろうリーダ」をインストールする方法はこちらです!

Kindle Fireタブレットで「なろう小説」を快適に読む方法(内緒話♪)
Fireタブレットはコスパも良く電子書籍リーダーとしてだけじゃなく、Androidタブレットとしても使い勝手が良いですよね。 Kindle unlimitedに入会しておけばかなりの数の書籍が読...続きを読む
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Kindleでなろう小説を読もう!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FQ4DJ7X

Kindleはご存知【e-ink】を使用した目に優しい電子書籍デバイスです。

消費電力も画面の書き換え時のみということで非常にバッテリー持ちが良いのも特徴です。

モノクロ表示のみですが、画面が非光沢ですので、反射や映り込みが少なく、まるで紙に印字されたものを見ている様な印象です。

実際に使ってみていても目の負担がかなり少ないですよ!

これで読書がはかどります!

 

ただし、ブラウザ機能は(体験版)ということで、とりあえずついているレベルです。

そして、CPUなどの性能が電子書籍リーダーとしてはそれほど高性能が要求されませんので低いです。
つまりはwebページの表示が遅いです。
正直実用には耐えません。
ですから、「小説家になろう」のwebページ上で読むのは厳しいですね。

そして何より電子書籍リーダーのメリットである、文字の大きさを自由に変えられるという点が活かせません!

そこでちょっと手間はかかりますが、WindowsPCを利用して、比較的簡単にKindleで「なろう小説」を読む方法をご紹介します!

スポンサーリンク

Kindleで読める小説のデータを作ろう!

Kindleで読み込める小説のデータを作成するところから始めます。

全体の流れとして、

  1. 小説のデータをダウンロードする。
  2. 1話-1ファイルとなっているので、全話を結合する。
  3. Kindleに送信する。

これだけを見ると大変そうに見えますが、アプリなどで半自動的にやってくれるので、問題になるのはダウンロード時間だけですよ!

テキストデータですので、データ量は少ないですから、Kindleに送信する時は一瞬です!

まずは小説のデータをダウンロードしましょう。

 

小説のデータをダウンロードする!

小説のデータをダウンロードするために

「Ndownloader」

というWindowsアプリを使用します。

パソコンにこのアプリをインストールしますよ。

アプリがダウンロードできる場所はこちらです!

「小説家になろう」のファイル一括ダウンロードツール - Ndownloader -
「小説家になろう」の小説ダウンローダー Ndownloader

 

こちらからアプリをダウンロードして解凍しますと、アプリケーションが出てきます。

これをダブルクリックで起動してください。
パソコンの環境によっては警告画面が出るかもしれませんが、大丈夫ですよ。

【詳細情報】というところをクリックすると下の画面になりますので、【実行】を選びましょう。

そうしますと問題なく起動します。

 

最初に小説家になろうにログインしないといけません。
上の写真の画面が出てきますのでIDもしくはメールアドレスとパスワードを入れて小説家になろうにログインをしましょう。

小説家になろうへ未登録の方は、この機会に登録しましょう。
完全無料で登録が出来ます。
そしてお気に入りの作品のブックマークや評価をつけると作者さんが喜びますよ!

 

ログインが無事できますと次の画面になります。

この画面の【アドレス】のところにダウンロードしたい作品のURLをコピー&ペーストしましょう。

作品は「小説家を読もう」で探しましょうね!

小説を読もう!
40万以上のオンライン小説、携帯小説を掲載している投稿型の小説サイトです。小説検索、小説評価、ルビ・縦書き対応、高機能小説執筆機能など

 

作品のページを開いてURLをコピーしましょう。

そのURLを【Ndownloader】のアドレスのところにペーストします。

そして【リスト取得】をクリックすると、現在までに公開されているエピソードが一覧表示されます。

【一括ダウンロード】をクリックするとダウンロードが始まります。

テキストファイル(.txt)でダウンロードされますのでデータ量は軽いはずですが、意外とダウンロードに時間がかかります。

ダウンロードが終わると、

【作者名】-【作品名】という順番でフォルダが出来ており、その中に1話1ファイルでテキストファイルが出来ていますよ。

 

テキストファイルを結合しよう!

ここでダウンロードが終わってフォルダを見てみると1話毎のテキストファイルがズラーッと並んでいます。

200話なら200個プラス「あらすじ」1つのファイルが並んでいます。

このままではKindleに送ってもズラーーーーっとファイルが並び見にくいだけです。

そこで、この全話を一つのテキストファイルに結合します。

 

大変だな・・・とうんざりしたそこの貴方!
簡単ですから安心してくださいね!

 

まず準備としてフォルダを簡単な名前に変更します。

ダウンロードしたままですと、フォルダ名が日本語表記になっています。
そのままですと結合作業がうまく行かないので、アルファベットで短めのフォルダ名にしましょう。
例:スキル「単独行動」は最強でした→Tandoku

その次にテキストファイルがズラーーと並んでいるところの右の白い余白の所で、【Shift】を推しながら右クリックをします。

【PowerShellウィンドウをここで開く】という項目がでてきますので、こちらをクリックします。

Windows PowerShellが起動しますがテキストファイルが入っているフォルダが指定されます。
(下の画像では「test」というフォルダ名になっています。)

そして、次の様に入力します。

type *.txt > all.txt

このコマンド(文字列)の意味は、

「このフォルダの中の全ての.txt(テキスト)ファイルを『all.txt』という名前の新しいファイルに結合しなさい」

ということです。

うまく行けば、数秒で次の行が表示されます。

この様に表示されたら成功です。

指定したフォルダを見ますと新たに「all.txt」というファイルが増えているはずです。

 

最後に「all.txt」ファイルの名前を作品名などに変更します。

これでKindleで快適に読める小説のデータが出来ました!

テキストファイルの結合時にファイル名などを日本語で入力することは可能ですが、うまく行かないことが多かったので、短く単純な「all」という名前を使用しています。
結合ファイルが完成してから名前を変更するのが安全なようです。
スポンサーリンク

小説データをKindleに送信する

完成した小説データをKindleに送信する時はメールで送信します。
USBで接続してもファイルを転送できると思いますが、せっかくなので他の端末のKindleアプリ(スマホなど)でも利用できる方が良いかと思います。

公式で用意されています「Send-to-Kindle」という機能を利用します。

大抵は、Amazonに登録したメールアドレス○○○○○@~~~.jpだとしますと、

○○○○○@Kindle.com宛に送れば大丈夫です。

しかし予め登録したEメールアドレスから送信しないと受け付けてくれません。

Send-to-Kindleの準備

Amazonのページに行ってログインします。

左のメニューを開いて【アカウントサービス】を開きます。

左下の【コンテンツと端末の管理】を開きます。

そして上のタブの【設定】を開きます。

 

そして下にスクロールしていきますと、【パーソナルドキュメント設定】という項目がありますのでクリックしますと、【Send-to-Kindle Eメールアドレスの設定】という項目があり、Kindleアプリをインストールしている端末ごとや登録しているKindleデバイスごとにEメールアドレスが割り当てられています。
このアドレスに先程作成した小説データを送信します。

送信元のメールアドレスはこの下にある【承認済みEメールアドレス一覧】に表示されているアドレスになります。
そのアドレスが送信元になるようにして、データを添付して送信します。

 

メールで送信

小説データを添付して送信すると直ぐにamazonから返信メールが来ます。
データの送り主が本人であることの確認メールです。
メール文に沿ってクリックすると小説データがKindleで扱えるようになります。

あとはKindleに配信されるまで数分かかりますが、送った小説データがKindleで開けるようになります。

スポンサーリンク

まとめ

Windowsパソコンで予め小説データをダンロードして、テキストファイルを結合するという手間はかかりますが、Kindleの良さである、フォントの変更や文字の大きさの変更などもできる小説データとして読むことができるようになります。

ただし全話を1ファイルに無理やり結合していますので、話中にあるタイトルなどは前話の最後の文章にくっついてしまっていたりとレイアウトの崩れは多少あります。

とにかく内容を読めれば良い人向けのやり方です。

 

「小説を読もう」では縦書きPDFをダウンロードすることも出来ますが、KindleでもPDFは読み込めるもののフォントの大きさ変更機能がPDFには効きません。
2本指でのピンチでの拡大縮小で画面を大きく表示する他ありませんので不便ですね。

 

この方法ですとテキストデータになりますので、Kindleの文字の大きさ変更などが有効になりますので快適に読むことが出来ます。

最新話の更新が出来ない

しかし最新話が更新されたとしても、Kindle単体では更新することが出来ないのが欠点ですね。

「Ndownloader」では一度一括ダウンロードしておけば、2回目以降は更新された分だけダウンロードしますので、時間は大幅に短縮されます。

最新話もKindleで読みたい場合は、上記の方法をもう一度行い、最新話込の小説データ(.txt)を作成して、新たにまたSend-to-Kindleで送信する必要があります。

古いデータは削除する必要も有り、手間と言えば手間ですね。

 

Kindleでなろう小説を読むメリット

手間ではありますが、Kindle独特のあの非光沢画面で読むのは目が疲れず快適です。

集中して読めるのも良いですね。

ですので、私は完結済みの作品か、100話以上の作品をこの方法でKindleに送って楽しんでいます。

100話読み進める頃には、数話が更新されているので、そのタイミングでデータを作り直して送信しています。

 

そして一番のメリットはKindleアプリをインストールした他の端末でも同じ作品を読めるのと、【しおり】が共通できるので、出先ではスマホでちょっと読んでしまったところへしおりが入るので、帰宅してからKindleで読む時にそこまでジャンプしてくれるのが地味に便利です!

 

みなさんもKindleで快適な「なろう小説」ライフを♫
スポンサーリンク
Kindle
い〜るをフォローする
スポンサーリンク
【トクモ】お得に!便利に!スマホ&ガラホでネット生活。