スポンサーリンク
スポンサーリンク

楽天モバイル → mineo(マイネオ)へ移行の「デメリット」と「メリット」を考察。

mineo
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは!

 

楽天モバイルがMVNOからMNOになり、自社回線化を進めると言う事が分かりました。

 

MVNOとしての楽天モバイルは、私にとって非常に満足でした。

→私的、楽天モバイルがオススメな3つのワケ!

 

ですが、今後自社回線へと順次移行していくにあたり、どのようにサービスが変わっていくのか?

現状良いと思っているサービスや機能がどうなるのか?

 

が分かりません。

 

「実質値上げ」なんてことも考えられます!

 

なので、他社に写ることも考えて、ここで本腰入れて調べてみました!

 

mineo(マイネオ)ってどんな会社?

月額700円~(データのみの最低額プラン)利用できる格安SIMを提供している会社です。

auの回線をいち早く安定的に利用できるようにした格安SIMの会社ですね。

(昔はauのスマホをそのまま使いたいとなると、mineoしかMVNOがなかったんです!)

 

ドコモ回線とau回線、Softbank回線と大手三社の回線全部を網羅している会社で、大手3キャリアからの乗り換えもスムーズに行えることが売りの一つです!

 

各回線によって、若干月額料金が違います。

 

今お持ちのスマートフォンの対応している電波帯によって、契約する回線のタイプを選ぶ必要があります。

 

新しく端末を準備する必要もなく、今お使いの端末で乗り換えられるのが良いですよ!

(au端末に関してはSIMロック解除が必要な場合があります)

mineoが気になったらこちら!

3つの契約回線から選ぶ理由(MVNOに詳しい方は読み飛ばし推奨)

現在お持ちの端末をそのまま利用したい場合は、その端末がどの電波帯に対応しているかを考慮しないといけません。

 

というのも、日本のモバイル事情が少し特殊で、他国とは違うところがあるのです。

特にauが使っている電波帯は、昔から特殊で、現在も海外製のスマホでは、その電波帯に対応していないことが多いです。

 

ですから、中華スマホなどを使いたい方は、au回線では使えないことが多いです。

 

逆に、auでもともと使っていたスマホは、ドコモやSoftbankの電波帯をつかむことができませんので、多くの格安SIMでは、auスマホは使えないことが多かったのです。

 

その点、mineo(マイネオ)では、au回線も利用可能なので、SIMロックを解除さえすれば、auで使用していたスマホもそのまま使うことができるのです。

 

もともと、大手3社(ドコモ・au・Softbank)からの乗り換えの方は、そのまま、元使っていた回線タイプを選ぶと良いです。

 

他社の格安SIMで利用していて乗り換えたい方は、そちらで使っていた回線タイプを選ぶと良いですね。

 

スマホも一緒に新しくするんだ!! という方は、回線タイプなど分からない場合は、

mineo(マイネオ)HP上に『動作確認済み端末検索』というページがありますので、そちらで検索・確認をすると良いですね。

 

→『動作確認済み端末検索』のページ

 

『動作確認済み端末検索』でも載っていない端末をどうしても使用したい人は「自己責任」でお願い致します。

最悪電波をつかめない(要は使えない)ことがありますので・・・

まずはmineo(マイネオ)のデメリットから

良いところはとにかく安いこと!

 

そこよりも「安かろう。悪かろう。」にならないようにと言う事もありますが、

 

現在、様々な会社が、MVNOに参入してきています。

 

それぞれの会社で独自のサービス(LINEの通信料無料とか)を提供していたり、

 

通信速度の違いや、もちろん料金の違いなど色々ありますよね!

 

そこで、私たちが選ぶにあたって、考えるのが、

 

「自分の使い方に合うかどうか」

 

です。

 

例えば、YouTubeをよく見るだとか、SNSを良く使うとか、

逆に、動画は自宅のWi-Fiでしか見なくて、モバイルネットワーク(外出時)では、メールLINE、少しのweb閲覧しかしないだとか・・・。

 

それぞれのスマホの利用内容に合わせて、料金プランが合うかどうかが大事だと思います。

 

ですから、これから紹介する『一般的なデメリット』が、スマホの利用内容によっては、全く気にならないものだったりします!

 

ご自分の利用内容を思い浮かべながら検討してみて下さい。

mineoが気になったらこちら!

1.料金プランがぱっと見分かりにくい!

まずここが最初に躓くと思います。

というか面倒くさい。

私はここでまず、説明を読むのを止めました(笑)

 

先ほど説明した通り、mineoには3種類の回線が選べます。

それぞれに月額料金が微妙に違います。

 

☆auプラン

基本データ容量 シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
500MB 700円 1,310円
3GB 900円 1,510円
6GB 1,580円 2,190円
10GB 2,520円 3,130円
20GB 3,980円 4,590円
30GB 5,900円 6,510円

 

☆ドコモプラン

基本データ容量 シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
500MB 700円 1,310円
3GB 900円 1,510円
6GB 1,580円 2,190円
10GB 2,520円 3,130円
20GB 3,980円 4,590円
30GB 5,900円 6,510円

 

☆Softbankプラン

基本データ容量 シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
500MB 790円 1,750円
3GB 990円 1,950円
6GB 1,670円 2,630円
10GB 2,610円 3,570円
20GB 4,070円 5,030円
30GB 5,990円 6,950円

 

はい!面倒臭いでしょ!(笑)

実際は、自分が使う端末によって、3つのうちのどれかに決まるので、この3回線(プラン)を見比べる必要はないのですが、

 

MVNO、格安SIMに移るのって、やはり維持費を安くしたいからという理由が多いと思うのです。

ですから、よりお得につけるのはどれか?と考えてしますのは仕方がないことだと思います(笑)

 

冷静に見比べると「auプラン」「ドコモプラン」は同じ料金でしたね。

なぜか、「Softbankプラン」だけが、料金が高いようです。

スポンサーリンク

2.オプションプランがもっとわかりにくい!

mineoには様々なオプションが用意されています。

「痒い所に手が届く」を目指したのでしょうが、その分面倒になっています。

私はこの記事を書くまで、楽天モバイルが怪しくなった(今後どうなるかわかりませんが)最近までは、よくわからないので読んでいませんでした(笑)

ただでさえ、メインが3プランある上に、そのそれぞれでオプションプランが微妙に違うのです。

  • 超ストレージ(128GBのオンラインストレージ)
  • 思い出アルバム(写真などを家族間だけで共有)
  • スマート留守電(留守電内容をメールやSNSで確認できる)
  • シニアパック(セキュリティアプリ他アプリ詰め合わせ)
  • 割り込み通話サービス(通話中に別の着信に出られる)
  • LaLa Call(お得な050IP通話アプリです)
  • などなど・・・

基本はいらないオプションですが、あれば便利かな?と思わなくも、なくなくない!?

 

3.最低利用期間(解約手数料が取られる期間)がちょっとわかりにくい。

他社でも同じですが、大体の会社で、最低利用期間というものが設定されています。

 

この最低利用期間が設けられている理由には諸説あるのですが、

 

  1. 顧客を囲い込むため
  2. 新規契約時の端末割引を悪用させないため
  3. 新規契約時の端末割引分を回収するため

などですね。

この2番が有力じゃないかと個人的に思っています。

要は端末の転売対策ですよね。

新規契約時に端末割引をして、安く買い。

→ 1カ月で解約して、その端末を転売すれば「儲けが出る!!」

というもの。

 

この悪用を防ぐために、最低利用期間を設けて、端末割引分の違約金もかかるようにしたのだと思います。

 

mineo(マイネオ)の最低利用期間は?

mineoの最低利用期間は・・・

 

解約に関しては、いつ辞めても違約金はかかりません!

 

 

 

 

 

え!?

これはいいですね!

 

 

 

 

 

しか~~し、

12か月以内に、MNP(電話番号そのまま)で他社に移るときは違約金がかかります!

解約方法 費用
MNPを用いる解約 解除料が発生する期間※1 2,000円(MNP転出手数料)※2
+9,500円(MNP転出時契約解除料)※3
解除料が発生しない期間 2,000円(MNP転出手数料)※2
MNPを用いない解約 なし

※1 ご利用開始月および、ご利用開始翌月から12カ月の期間をいいます。

※2 2019年10月1日(火)より3,000円となります。

※3 初期契約解除時は不要です。

簡単には、新規契約してから12か月以内にMNPを利用して、電話番号をそのままに他社に移る場合は違約金として9,500円がかかります。

「電話番号ごと要らないので解約します。」という場合には、費用(違約金)がかかりません!

 

と言う事です。

ちょっとややこしいですね!

4.実店舗のサポートが微妙なところ(mineoショップが少ない)

基本、スマホやMVNOに慣れ親しんでいる人は、大体の事をweb上で手続する方が楽だったりしますが、多くの人は実店舗で、面と向かってサポートしてもらえると安心できますよね?

 

その大手キャリア(ドコモ、au、Softbank)では当たり前のこと(ショップがある)が格安SIMの会社ではないことが多いです。

 

一番かかる経費が人件費ですからね。(大手キャリアのショップもほとんどが代理店ですけどね)

 

一応、mineoにも『mineoショップ』という、ほとんどの手続きを対面で行うことができる実店舗があります。

 

しか~~~し!!

 

その店舗数は極端に少ないのです( ノД`)シクシク…

mineoショップ一覧

  • 渋谷:東京都 渋谷区宇田川町21-9 渋谷平和クワトロビル
    TEL : 050-7102-8788
  • 秋葉原:東京都 千代田区外神田3-13-3 TK西館2F
    TEL : 050-7102-8788
  • 大坂:大阪府 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 北館3階(エナレッジ内)
    TEL : 050-7102-8788
  • ららぽーと和泉:大阪府 和泉市あゆみ野4丁目4-7 ららぽーと和泉 4F
    TEL : 050-7102-8788
  • なんば:大阪府 大阪市浪速区日本橋4-15-18 2F
    TEL : 050-7102-8788
  • 名古屋:愛知県 名古屋市中区大須3-12-35 グッドウィルEDM館 1Bフロア
    TEL : 050-7102-8788
  • 浜松静岡県 浜松市西区志都呂二丁目37番1号 イオンモール浜松志都呂 専門店街 1階
    TEL : 050-7102-8788
  • 岡山:岡山県 岡山市北区下中野717-102
    TEL : 050-7102-8788
  • 神戸:兵庫県 神戸市中央区三宮町3丁目1番9号 セリザワビル
    TEL : 050-7102-8788
  • 広島:広島県 広島市西区草津新町2丁目23番24号
    TEL : 050-7102-8788
  • 福岡:福岡県 福岡市博多区東那珂1-14-46 フォレオ博多1F
    TEL : 050-7102-8788

詳しい場所についてはこちらで確認ください。(mineo公式サイトです)
→ mineoショップ一覧

 

あれ?? 今記事にしていて気が付きましたが、各地のmineoショップの問い合わせ電話番号が・・・みんな同じです!? どういうこと!!?

 

実際にmineoショップでできること

実際にmineoショップでできる手続きですが、

  • 新規申し込み
  • SIMカードお渡し(即日/店舗受け取り)
  • 購入端末お渡し(即日)
  • プラン・タイプの変更
  • 端末追加購入(機種変更)
  • SIMカード変更・再発行
  • 初期設定サポート(SIMカードの差し替え、ネットワーク設定、メール設定)
  • 追加有料サポート(乗り換え時の電話帳、データ移行やmineoでんわアプリの設定)

です。

しかし!

  • 初期設定サポート持ち込み端末の場合)は有料で1,000円。(店頭購入の場合は無料
  • 解約・ご利用料金のお支払い・端末修理などは受け付けていない。

のです!

店頭でのサービスで一番必要と思われるのが『端末修理の受付』だと思うのですが、それが受け付けてもらえません!

う~~ん、ここが最大のデメリットかもしれませんね。

 

mineoショップの他に、「パソコン工房」さんや「ZOA」さんなどの、パソコンパーツショップなどで『サポート店』としてmineoを取り扱っているところがあります。

 サポート店では

  • プラン・タイプの変更
  • 端末追加購入(機種変更)
  • SIMカード変更・再発行

の手続き以外ができます。

 

  • 新規購入
  • SIMカードお渡し(後日になることも)
  • 購入端末お渡し(後日になることも)
  • 初期設定サポート
  • 有料設定サポート

が可能ですね。

 

販売店(家電量販店など)では

ヨドバシカメラなどをはじめとした家電量販店にも、mineoのブースがあります。

そこでは、できる手続きがぐっと減って。

  • 新規購入
  • 購入端末お渡し(後日になることも)

しかできません!

 

大手キャリアのようにあちこちに代理店でもショップがあり、ほとんどの手続きがショップでできるのとは違います。

基本、web上で自分で手続を進めることになると思ってください!

 

5.通話し放題プランがない!

mineoには、大手キャリアにあるような、通話し放題プランがありません!

 月額850円で、10分間かけ放題プランはあります。

 

しかぁ~し!

私はこれはデメリットにならないのです。というのも通話しないからです!(笑)

 

今の時代、「LINE」などのメッセージアプリで充分事足ります。

スマホが主流となり、ガラホ(外見はガラケー、中身はandroid)ですら、LINEアプリがインストールでき時代です。

通話もLINEアプリ経由で行えば通話料はかかりません!(通信料はかかります)

 

通信料を消費して通話をするのですが・・・高速通信容量を消費するじゃん!となりますよね?

 

mineoには、「mineoスイッチ」というものがあります!

専用アプリをインストールして「節約on」を選ぶと、最大200kbpsという低速通信になりますが、高速通信容量を消費しなくなります!

→ 詳しくは公式サイトへ

mineoはまだ使ったことは無いのですが、同じ機能が楽天モバイルにもあります。

楽天モバイルで低速モードにした状態で、LINE通話していますが、極たまに一瞬不安定になるくらいで、通話は問題ないですね。

ですから、通話し放題プランは、正直いらないかなと思います。

家族間通話無料がない!

似たようなサービスで、大手キャリアにあるような「家族間通話が無料になる」と言う事が無いです!

 

これは、家庭によっては非常にネックになることかもしれません!

大手キャリアで契約しているときは家族間、ひいては遠く離れた実家の親にも、家族割で契約した端末を持たせておいて、通話料を無料にしていた人も多いと思います。

これは残念なデメリットです!

 

家族間通話を無料にする裏技!?

しかし、家族間通話を無料にする裏技(?)があります!

 

それは・・・・「LINEアプリ」を使う方法です。

「節約on」にして通話すれば、通信料もかかりません。

 

でももっと良い方法があります。

厳密には無料ではないのですが・・・

 

「LaLa Call」オプションサービスに申し込むことです。

「LaLa Call」はIP電話アプリで、月額100円かかります。

ですが、mineoユーザーには100円の無料通話分が貰えます。

実質無料ということですね!

 

「LaLa Call」同士での通話は無料になりますので、家族間だけではなく、契約が別のmineoユーザーで、「LaLa Call」加入の人とも無料で通話できるようです!

 

6.家族割が申し訳程度(笑)

一応mineoにも家族割があります。

複数回線を契約したときの特典としたいところなのでしょうが・・・

 

50円引きです!(ど~~~ん!!)

 

え~と・・・

 

もともと、大手キャリアと比べれば、格安の基本使用料ですから、良いのですが・・・

 

 

 

しょぼっ!(笑)

 

デメリットのまとめ

いろいろmineoのデメリットを上げてきましたが、一番のデメリットは実店舗でのサポートですね!

他は、契約時のプランを選ぶのに選択肢が多すぎて難しいと言う事ですね。

 

通話料に関することでは、「LINEアプリ」などのメッセージアプリやIP電話アプリを活用すれば解決できますので、思っているほどにデメリットにはならないでしょう。

 

 

では、mineo(マイネオ)のメリットは?

いろいろメリットはありますが・・・

 とにかく、基本使用料が安いこと

大手キャリアに比べると格段に安いこと!

ヘビーユーザーじゃなければ、月額2,000円前後のプランで充分に間に合うでしょう!

 

 

通信量の節約モードがあること

これは、楽天モバイルでも重宝していたもので、

「高速通信」と「低速通信」をいつでも切り替えることができて、

しかも「低速通信(節約on)」にしているときは、どんなに通信しても『高速通信容量』を使用しないことですね。

→ 節約onの詳しい説明はこちら(公式サイト)

 

まさに「節約」です!

 

余った分の「高速通信容量」を翌月に繰り越せる!

余った分の高速通信容量を翌月まで繰り越せます。

繰り越せる最大値は契約の容量までです。(3GBの契約なら最大3GBまでです。)

無駄にならなくて良いですね。

mineoが気になったらこちら!

mineo(マイネオ)最大のメリットは!! 『フリータンク』!

そして、mineo最大のメリットは!

 

『フリータンク』

 

という、他社にはないサービスがあることですよ!!

 

『フリータンク』ってなに??

簡単に説明すると、

余った「高速通信容量」を預けることができ、mineoユーザー全体で共有できる仕組みです!

これは他社にない「助け合い」のサービスです。

 

「マイネ王」というサービスにどんどん皆さんから高速通信容量のストックが溜まっています。

 

こちらから、足りなくなった時に高速通信容量をもらうことができます。

 

そして、個人での翌月繰り越しでは、翌月までの繰り越しで、上限値以上のものは消滅してしまいます。

 

ですが、『フリータンク』に渡した分は、期限なく溜まっていきます。

 

ただ、一部の不届き者が、自分の契約を最低限にして、毎月この「フリータンク」から足りない分を引き出すと言う事をやるだけでなく、このフリータンクから引き出した高速通信容量を転売していた輩まで出たようです!!

許せませんね!!

 

それで、運営側もこのような不届き者を粛正するために、新しくルールを変更しました。

→ 詳しいルールについてはこちら(マイネ王公式サイト)

 

フリータンクのルール変更内容について(公式からの引用です)

下記2つのルール変更を2月21日から実施します。

(1)パケット残容量によるOUT制限

累計OUT量が累計IN量以上の方の場合、残容量が1,000MB以下でないとOUTできないようにします。
※累計OUT量が累計IN量より少ない場合は現行と変わりません。
※「残容量」は、引き出し時に連携している回線の残容量のことです。

(2)OUT可能期間の変更

OUT可能期間を下記のように1日短縮します。
[現行]毎月21日~月末日
[変更後]毎月21日~月末日の1日前 (2月は21~27日)

月末日にOUTするとパケット付与が翌月1日になり、通常の契約容量が付与されるタイミングと同じで意味がないためです。

引用元:https://king.mineo.jp/magazines/special/539

 

このようなルールがありますが、いざという時に助かりますよね。

毎月少しずつでよいので、余った分を『フリータンク』に”IN”しておけば良いのですから。

 

→ 「マイネ王」と「フリータンク」の公式サイトはこちら

mineoが気になったらこちら!

mineo(マイネオ)のメリットまとめ

mineo(マイネオ)のメリットは、

  • 基本使用料が格安。
  • 通信量の節約モードがある。(高速通信と低速通信がいつでも簡単に切り替えられる)
  • 最大のメリット!『フリータンク』で助け合い!

 

ということですね。

高速通信容量の節約といざという時のユーザー同士の助け合いができると言う事が良いですね。

 

細々としたところでは、

「マイネ王」アプリで、歩いた歩数に応じて「チップ」というものが獲得でき。

「マイネ王」のサイト内のコミュニティでユーザー同士が交流できる。

そしてツイッターとかの「いいね」みたいにチップを送ることができるのですが、なんと!

 

この「チップ」、1枚で10MBの高速通信容量となるようです!

 

このようなユーザー同士の交流も図れて、SNSのように楽しめるというのも面白いですよね!

mineoが気になったらこちら!

 

私も楽天モバイルがいよいよ自社回線となり、サービス内容が私に合わなくなったら、

 

mineo(マイネオ)へと乗り換えになるかな?と考えています。

 

さあて、「楽天モバイル」もどうなることやら!?