PR
スポンサーリンク

黒塗りされたSMAP なぜ?その背景とファンの声

記事内に広告が含まれています。

再放送されている『古畑任三郎』で、SMAPの顔写真が黒塗りされていることが話題となっていますね。多くのファンがこの状況に対して悲しみと怒りの声を上げています。この記事では、この「黒塗りSMAP」問題の背景と、それに対するファンの反応を詳しく解説していきます。

「黒塗りSMAP」の発端

フジテレビの人気ドラマシリーズ『古畑任三郎』が再放送されている中、1999年1月3日に放送された『古畑任三郎 VS SMAP』の回で、SMAPの顔写真が黒塗りされていることが発覚しました。

これは、番組冒頭に登場する歴代犯人の写真がタイル状に並べられたシーンで、SMAPの写真だけが黒塗りされていたのです。

再放送の経緯

『古畑任三郎』は1994年に放送開始され、30周年を迎えました。

再放送では第1シリーズから第3シリーズ、さらにスペシャルドラマシリーズも一挙公開されました。

豪華キャストの出演回も話題となり、SNSで多くの歓喜の声が上がっています。

SMAPの写真が黒塗りに

特に注目されたのは、第3シーズンの第11話「最後の事件・後編」でのシーン。

江口洋介が犯人を演じた回で、古畑がスポットライトを浴びて1人で語るシーンの背景に、SMAPの写真が黒塗りされていました。

この黒塗りは、SMAPのファンにとって非常にショックな出来事でした。

ファンの反応と怒り

この「黒塗りSMAP」問題に対して、SNSでは多くの批判的な声が上がっています。

ファンは「SMAPの顔写真だけが黒塗りされている」という事実に強く反発し、フジテレビに対する怒りを表明しています。

再放送という機会に、かつての思い出を楽しみにしていた多くの視聴者が、この措置に対して失望感を隠せませんでしたね。

以下では、SNSでの反響とフジテレビの対応について詳しく見ていきましょう。

SNSでの反響

X(旧Twitter)では、「これはありえないわ」「胸が痛くて泣いた…」「何故わざわざSMAP黒塗りして再放送なの…」など、多くの悲しみと怒りの声が見られました。

ファンにとって、SMAPは国民的アイドルであり、彼らの写真が黒塗りされることは耐え難いものだったのです。

特に、「SMAPは何も悪いことをしていないのに」といった声が多く、ファンの感情が非常に揺さぶられていることが分かります。

このような反応は、SMAPが日本のエンターテインメントにおいてどれだけ大きな存在であったかを再認識させますね。

また、「古畑任三郎」のファンでもあり、SMAPのファンでもある人々にとっては、二重のショックとなっています。

さらに、SNSではハッシュタグ「#黒塗りSMAP」がトレンド入りし、多くのユーザーがこの問題について議論を交わしています。

フジテレビの対応

フジテレビ関係者は、SMAPの出演回が再放送されなかった理由について、権利上の関係で写真が使用できなかった可能性を示唆しています。

このような対応に対して、「権利上の問題なら仕方ないかもしれないが、事前に説明があればファンも納得できたのでは」といった声もあります。

しかし、これがファンの怒りを鎮めることは難しい状況です。

フジテレビは、ファンに対して説明責任を果たすことが求められています。

また、今後同様の事態が発生しないようにするための対応策も必要です。

特に、ファンの感情に配慮し、透明性のある対応を心掛けることが重要です。

背景にある権利問題

SMAPの写真が黒塗りされた背景には、複雑な権利問題が存在する可能性があります。

特に、再放送に際しての肖像利用料や権利関係が影響していると考えられます。

芸能界では肖像権や著作権など、さまざまな権利が絡むため、再放送の際には注意が必要です。

この記事では、具体的な権利問題について掘り下げて解説しますね。

肖像利用料の問題

再放送の際に、(旧)ジャニーズ事務所からSMAPが解散・独立していたために、出演当時の権利関係が複雑になった可能性があります。

SMAPが所属していたジャニーズ事務所は、タレントの肖像利用に関して厳しい管理を行っています。

そのため、再放送の際には高額な肖像利用料が発生することがあります。

特に、SMAPのような国民的アイドルグループの場合、その肖像利用料はさらに高額になることが予想されますね。

これが再放送の際に、写真を黒塗りする選択肢を取らざるを得なかった一因と考えられます。

また、肖像利用料の交渉が難航した場合、テレビ局側が妥協策として黒塗りを選んだ可能性もあります。

権利関係の複雑さ

芸能界の権利関係は非常に複雑であり、一部のタレントの肖像利用には高額な費用がかかることがあります。

例えば、再放送の際に必要な権利としては、出演者の肖像権、音楽の著作権、脚本の著作権などがあります。

これらの権利を全てクリアするためには、多額の費用と時間が必要となります。

さらに、権利者との交渉が難航することも少なくありません。

SMAPがジャニーズ事務所を退所した後も、事務所との関係性や契約内容が影響を及ぼすことが考えられますね。

このような複雑な権利関係が、再放送時に写真を黒塗りする結果につながったのではないでしょうか。

ぼかし処理Verもあるようです。

SMAPが独立・解散したところで、権利関係の問題でぼかし処理になった可能性もありますね。

実際に、過去には他の番組でもぼかし処理が行われた例があります。

例えば、特定のタレントが出演しているシーンで、肖像権の問題が発生した場合、映像をぼかして対応することがあります。

このような対応は、肖像権を侵害しないための手段として一般的に行われています。

ただし、ぼかし処理が行われた場合でも、視聴者にとっては違和感を感じることが少なくありません。

そのため、今回のように黒塗りではなく、ぼかし処理が行われる場合もあるのです。

ファンの声と今後の展望

今回の「黒塗りSMAP」問題は、ファンにとって非常に大きな衝撃となりました。フジテレビや関係者は、ファンの声に耳を傾け、今後の対応を検討する必要があります。

ファンの願い

ファンは、SMAPの写真が再び黒塗りされないことを強く望んでいます。また、再放送時には全てのキャストが公平に扱われることを願っています。これにより、ファンの心が少しでも癒されることを期待しています。

今後の対応

フジテレビや関係者は、今回の問題を受けて、再発防止のための対策を講じる必要があります。特に、ファンの感情に配慮した対応が求められます。

まとめ

「黒塗りSMAP」問題は、ファンにとって非常に大きな衝撃でした。再放送に際しての権利問題が背景にあると考えられますが、ファンの声に耳を傾け、今後の対応を慎重に検討することが求められます。SMAPの写真が再び黒塗りされることなく、全てのファンが楽しめる再放送を期待していますね。